採用情報

社員インタビュー

K.Dさん

入社した経緯に関して

もともとゲームが好きで、ゲームデバッグのアルバイトをしていました。

仕事内容は、ゲームの不具合を事前に検知して報告したり、その改善案を提案することでした。
実際に、製品品質が改善されていき、市場に出回っていくのを見ることで、自分の仕事が社会貢献につながっていると実感しましたし、やりがいを感じていました。

そのような中で、「今のテスト検証業務だけでなく、様々な第三者検証業務に携わりたい。
また、第三者検証に関して知識をどんどん吸収していきたい。」と、より具体的に将来を思い描くようになり、就職活動を始めました。

就職活動を進めていく中で、ブール・ジャパンでは、社内研修や資格取得のための勉強会等、社員の「学びたい。」という気持ちを最大限に汲み取ってくれるサポート体制が整備されていることを説明で伺いました。
「ここなら、自己成長していける!」と思い、入社を決めました。

現在の職務に関して

お客様が作った動画配信のサイトやアプリに、不具合が潜んでいないか、使い勝手が悪くないか等、製品を使用しながらの検証や、致命的なリスクがないか等を確認したりしています。
また、どういうことをしたら“市場不具合を無くしていけるか”を試験設計し、お客様に提案レビュー等もしています。

前職のゲーム業界とは異なる検証となり、0ベースで業務をスタートしたのですが、グループリーダーを含めて3人編成のチームで稼働しているので疑問を一つひとつ解消しながら、安心して業務に臨めています。

ブール・ジャパンに入社してからは、基本的な「検証」をきちんと理解したうえで業務ができているな、と思います。
また、今まで取得できなかった検証業務に関する資格が取得できるようになりましたね。
エンジニアとして着実に成長していると実感しているので、入社して良かったと思います。

今後の目標に関して

今の製品開発はすごくスピード感を求められていると思います。
そのスピード感を重要視するうえで、個人の知識量がどれだけ蓄積できているかが大事と捉えています。
なので、私自身様々な業界の知識吸収は、引き続き努力していきますし、業務的な面でも個人のスキルアップを図れるように日々努力し、成長していくことが目標です。

また、私自身が入社した際に良いチームメンバーに恵まれた経験もあるので、今後新しい人が入社してきても彼らが安心して業務に臨めるような「良い組織づくり」を目指す立場となるのも目標です!