新年のご挨拶申し上げます

謹賀新年

昨年は格別 の御厚情を賜り、厚く御礼を申し上げます。

本年も社員一同、皆様にご満足頂けるサービスを心がける所存でございますので
何とぞ昨年同様のご愛顧を賜わりますよう、お願い申し上げます。

皆様のご健勝と貴社の益々のご発展を心よりお祈り致します。

本年もどうぞ宜しくお願い申し上げます。

平成三十一年 元旦
株式会社ブール・ジャパン スタッフ一同

冬季休業期間のお知らせ

平素は格別のご厚情を賜り厚く御礼申し上げます。
誠に勝手ながら、弊社では下記の期間を冬季休業期間とさせていただきます。

◆冬季休業期間

2018年12月29日(土)~2019年1月3日(木)

休業期間直前を含め、期間内にいただきましたお問合せに関するご返答は、
2019年1月4日(金)より順次ご返答をさせて頂きます。

皆様には大変ご不便をおかけいたしますが、何卒ご理解の程お願い申し上げます。
2019年も、変らぬご愛顧を賜りますよう宜しくお願い申し上げます。

「Web×IoTメイカーズチャレンジ2018-19 in 横須賀」を開催

弊社はYRP研究開発推進協会、総務省関東総合通信局、横須賀市などとともに、学生や若手エンジニアを対象とした「Web×IoT メイカーズチャレンジ 2018-19 in 横須賀」を開催し、本イベントの参加者を募集します。


本イベントは、IoT機器等の電波利用システムの適正利用のためのICT人材育成事業として、IoT機器・サービスの開発を行う若者等の電波利用に関するリテラシー向上を目的とした、IoTに関する理解度・習熟度向上のためのスキルアップイベント「Web×IoT メイカーズチャレンジ 2018-19」の全国各地で開催するイベントの一つです。

本イベントは、電波リテラシーを含むIoTの基礎知識・技能を習得するためのハンズオン講習会と、その習得技能を活用した成果発表としてチームでIoT作品のプロトタイプを創作するハッカソンの二本立てで構成されるIoT体験型カリキュラムです。

なお、各地の最優秀チームは、2019年3月頃(日程未定)に東京都内近郊で開催予定の展示会(昨年度はスマートIoT推進フォーラム総会)への招待と作品展示の機会が提供されます。特に横須賀では、スマートモビリティをテーマとする作品から優れた作品1件に「ヨコスカ×スマートモビリティ・チャレンジ2019」のアイデアコンテスト本選(2019年1月24日(木)、横須賀リサーチパーク(略称:YRP)にて開催)への参加権が付与されます。


1 日程
《ハンズオン講習会》2018年11月17日(土)から18日(日)まで
《ハッカソン》2018年12月8日(土)から9日(日)まで
※全日程の参加が必須です。

2 会場
《ハンズオン講習会》
1日目:2018年11月17日(土)10時30分~17時00分
YRPセンター1番館 会議室1(神奈川県横須賀市光の丘3-4)

2日目:2018年11月18日(日)10時00分~17時00分
横須賀市産業交流プラザ 特別会議室
(神奈川県横須賀市本町3-27 ベイスクエアよこすか一番館3階)

《ハッカソン》
2018年12月8日(土)及び9日(日) 10時00分~17時00分
横須賀市産業交流プラザ 第1研修室
(神奈川県横須賀市本町3-27 ベイスクエアよこすか一番館3階)

3 応募資格
基本的に学生/社会人問わず学習意欲のある方、持ち込みノートPC(WindowsまたはMac)の準備ができる方、プログラミングに興味をお持ちの方で、ハンズオン講習会(2日間)及びハッカソン(2日間)の計4日間にご参加いただける方

4 定員   50名程度

5 参加費  無料

6 参加特典
・ 最優秀チームには、2019年3月頃(日程未定)に東京都内近郊で開催予定の展示会(昨年度はスマートIoT推進フォーラム総会)への招待と作品展示の機会を提供。
・ スマートモビリティをテーマとする作品から優れた作品1件に「ヨコスカ×スマートモビリティ・チャレンジ2019」のアイデアコンテスト本選(2019年1月24日(木)、横須賀リサーチパーク(YRP)にて開催)への参加権が付与。
・ 参加全チーム向けにスポンサー各賞の配置を予定。
・ ハッカソンにおいて作品制作にかかる材料費(チームあたり最大20,000円(税込))の補助あり。
・ イベント参加者には修了証を授与。
・ 横須賀リサーチパーク(YRP)にて研究現場の視察体験学習を予定。(無線歴史展示室/LPWAテストベッド見学)

7 応募方法
参加者募集サイトからお申し込みください。

8 主催
総務省 関東総合通信局
Web×IoT メイカーズチャレンジ 横須賀運営委員会

9 協力
防衛大学校、電気通信大学、関東学院大学、株式会社ステップ、
日本ノーベル株式会社、京浜急行電鉄株式会社、
株式会社ジェイコム湘南、株式会社電波タイムス社、
株式会社横須賀テレコムリサーチパーク、
横須賀市、横須賀商工会議所、ヨコスカバレー構想実現委員会、
国立研究開発法人情報通信研究機構

10 後援
スマートIoT推進フォーラム、横須賀市IoT推進ラボ

11 運営事務局・お問い合わせ先
Web×IoT メイカーズチャレンジ 横須賀運営委員会事務局
E-mail: info-webiot-yokosuka@boole.co.jp

12 Web×IoT メイカーズチャレンジ ポータルサイト
WEB×IoTメイカーズチャレンジin横須賀 募集チラシはこちら
総務省関東総合通信局の報道資料はこちら

以上

ISTQBパートナープログラムにおいて、当社がGold Partnerに認定されました

ソフトウェアに関するシステム品質検証、サービス品質検証などの第三者検証事業を手掛ける、株式会社ブール・ジャパン(所在地:東京都品川区、代表取締役:杉田 真奈美)は、ソフトウェアテストに関する国際的な資格であるISTQBのパートナープログラムにおいて、Gold Partnerに認定されました。

認定日 :2018年10月10日

認定団体:特定非営利活動法人ソフトウェアテスト技術振興協会(ASTER)

ISTQBとは、ソフトウェアテストに関する国際的な資格認定団体です。ソフトウェアテストのプロフェッショナルを認定する資格を設けることで、ソフトウェアテスト技術者の育成を図ることを目的としています。

JSTQBは日本におけるソフトウェアテスト技術者資格認定の運営組織で、各国のテスト技術者認定組織が参加しているISTQBの加盟組織として認定されています。

ISTQB の加盟組織の各国団体は資格および教育・訓練組織認証について相互認証を行っているため、JSTQB が運営するソフトウェアテスト技術者資格は海外でも有効な資格となっています。

ブール・ジャパンでは年間約1,000プロジェクトのシステム検証実績から、適正で効率的なソフトウェアテスト支援および第三者検証サービスを提供しており、このたび当社のソフトウェア品質技術およびテスト技術向上への取り組みが評価され、ISTQBパートナープログラムにおいてGold Partnerに認定されました。

今後もソフトウェアテストのスペシャリスト集団として、高品質なサービスを提供してまいります。

「LPWA技術セミナー2018 〜広がるLPWA 利活用と最新動向〜」

 

盛会のうちにLPWA技術セミナー2018を終えることができました。 
参加者のみなさま、協賛団体、ご協力いただいたすべてのみなさまに
深く感謝申し上げます。

※告知サイトはこちらから

開催日時
2018年10月19日(金)13:00〜18:30(受付開始 12:30)

開催場所
TKP品川カンファレンスセンターバンケットホール5G

主催:一般社団法人WSN−ATEC
後援:YRP研究開発推進協会
ワイヤレススマートユーティリティネットワーク利用促進協議会(WSN協議会)
一般社団法人スキルマネージメント協会(SMA)
一般社団法人組込みシステム技術協会(JASA)
一般社団法人情報通信技術委員会(TTC)
モバイルコンピューティング推進コンソーシアム(MCPC)
協力:横須賀市

受講料: 20,000円/1名
後援団体会員企業特別価格:15,000円/1名
申込方法:お申込み受付は終了いたしました

セミナープログラム概要

13:00〜13:10 開会の辞
杉田 真奈美 氏
(一般社団法人WSN-ATEC 代表理事)
13:10〜13:50  講演1
「NTTドコモのLPWAサービスの最新情報とIoT導入事例」
田辺 守 氏
(株式会社NTTドコモ 法人ビジネス本部 IoTビジネス部 サービス推進担当部長)
13:50〜14:30 講演2
「ソフトバンクの事業戦略とLPWA展開計画について」
荒木 健吉 氏
(ソフトバンク株式会社 法人プロジェクト推進本部 MTC事業推進統括部 担当部長)
14:30〜15:10 講演3
「KDDIの新LPWAサービスのご紹介とIoT導入事例について」
原田 圭悟 氏
(KDDI株式会社 ビジネスIoT推進本部 ビジネスIoT企画部 部長)
15:10〜15:20 休憩
15:20〜15:50 講演4
「大規模 “メッシュ型LPWA” を先行するWi-SUN FAN」
原田 博司 氏
(京都大学 大学院情報学研究科 教授)
15:50〜16:30 講演5
「Bluetooth meshの概要と通信パフォーマンス紹介」
水谷 章成 氏
(シリコンラボラトリーズ IoTスペシャリスト)
16:30〜16:40 休憩
16:40〜18:00 パネルディスカッション
「IoT普及に向けた課題と対応 — 各方式の導入事例、特徴と課題およびその対応」
モデレータ:服部 武 氏 (上智大学 理工学部 客員教授)
パネリスト:荒木健吉 氏 / 田辺守 氏 / 原田圭悟 氏 / 原田博司 氏 / 水谷章成 氏(五十音順)
18:00〜 閉会の辞
服部 武 氏
(上智大学 理工学部 客員教授)

※上記内容は予告無く変更となる場合がございます事ご了承願います。